イギリス留学

イギリス大学院受験で「留学エージェント」は利用すべきか?

大学院受験を進めるにあたり、誰もが気になるのが「留学エージェントって使えるの?」だと思います。

 

結論から言いますが、私は「無料添削サービスは絶対に利用すべき!」だと思っています。

 

私は、2019年秋入学に合わせて、計4校受験し、幸いすべての大学から無条件合格をもらうことができました。

 

今振り返ると、この無料添削サービスは本当に役立ったと思います。

 

留学エージェントって?

巷には、留学サポートをしてくれる“留学エージェント”なるものがいくつも存在します。

その中で、イギリス留学を扱う最大手は、beoSI-UKです。

 

両社とも、IELTS学習、書類作成、ビザ取得などなど、イギリス留学に関係する全てのプロセスにおいて、なんらかのサービスを提供しています。

 

なかでも、最も特筆すべきは「無料添削サービス」です。

 

実際に私もSI-UKさんの無料添削サービスを利用し、内容にもとても満足しています。

 

無料添削サービスの内容は?

一番ありがたいサービスは、志望動機書、履歴書、推薦書といった、出願に必要なすべての英文書類をネイティブチェックしてもらえることです。

 

両社とも申し込み時に1万円のデポジットを支払う必要が有りますが、これは進学するときに返却してもらえます。

 

また、受験校を決めるために無料カウンセリングもしてもらえますし、必要に応じて大学の情報もたくさん提供してもらえます。

 

自分ひとりでネットから情報収集するのも限界があるので、こうして違う視点や立場からの情報は、とても貴重だと思います。

 

ただし、注意すべきこと

無料添削サービスを利用するにあたり、認識すべきことが一つ。

このサービスは、「書類の内容についてアドバイスしてもらえるのではなく、ただ単に英語“だけ”直される」ということです。

 

言い換えれば、よりアピールになる志望動機書の書き方は、このサービスの範囲には含まれておらず、さらに有料サービスに申し込む必要があります。

 

しかし、それでも無料の英語添削はとても魅力的だと思います。

練りに練った各書類の仕上げとして、最後にネイティブチェックをお願いしましょう。

 

加えて、この無料添削サービスに申し込むと、各書類のテンプレートも貰えます

実は、私はすべての書類をこのときに貰ったテンプレートを元にして作成しました。

 

おわりに

以上、留学エージェントによる無料添削サービスの内容について紹介しました。

 

冒頭でも述べましたが、このサービスはかなり心強かったと今でも思っています。

同時期にイギリス受験をした日本人の友人は何人もいますが、全員どちらかの無料添削サービスを利用しています。

 

また、その友人たちの中に、出願に際して有料サービスを利用した者はひとりもいませんでした。

 

結局どのサービスを利用するかは人によりけりですが、有料サービスの価格を考えると私も個人的には無料添削サービスだけで十分かなあと思っています。

 

また、留学エージェントは渡航前にもビザ手続きに関する有料サービスも提供していますが、こちらはまた別の記事で述べようと思います。

↓↓↓下記ランキングサイトに参加しています。クリックすると順位が上がります。
それぞれバナーをクリックしていただけると、たいへん励みになります。


にほんブログ村


イギリス(海外生活・情報)ランキング

 

 

Please follow and like us:
error
ABOUT ME
Kohei
名古屋大学大学院国際開発研究科修了後、愛知県内で英語教諭として勤務。退職後、青年海外協力隊(2017年度2次隊青少年活動)に参加し、ケニアに渡る。2019年9月より英国ユニバーシティカレッジロンドン(UCL)にて、教育開発学を学ぶ。