イギリス留学

【イギリス】留学してまずやることはBRPカードの回収【留学】

イギリスに半年以上滞在する人が必ず所持すべき物の1つにBRPカードがあります。

 

そして、このカードの回収は、入国後すぐにやらなければならないことでもあります。

 

この記事では、イギリスに半年以上留学する人が、実際にBRPカードを手にするまでのプロセスや、カード受け取りに必要な書類について述べていきます。

 

BRPカードとは?

簡単に言えば、ビザの有効期間が記された滞在許可証のことです。

Tier4学生ビザが必要な人や、就労者やその家族も、半年以上イギリスに滞在する人は必ず持たなければなりません。

 

通常ビザは渡英前に日本で取得することになりますが、たとえ半年以上の滞在予定であっても、この段階ではパスポートには「30日分」の滞在を認めた許可証が貼られるだけです。

 

これを予定滞在期間のビザに変更するために、BRPカードを入国後に手に入れる必要があります。

 

しかも、このBRPカードは、入国後10日以内に取得することになっています。

なので、この回収作業は、渡英したら誰もがすぐにやらなければならないことなんです。

 

BRPカードはどうやって回収する?

留学生にとって、BRPカードの回収場所は2箇所あります。

 

1つは、入学予定の教育期間

もう1つは、最寄りの郵便局です。

 

どちらで回収するかは、日本でビザ申請をする際に選ぶことになりますが、私は大学で回収することをお勧めします

 

渡英後は、さまざまな事務手続きやオリエンテーションの関係で、大学に行く用事も多いので、ついでにBRPカードも大学で回収したほうが、動きとしてはスムーズだと思います。

 

BRPカード回収のために必要な持ち物

すでに大学あるいは郵便局に届けられたBRPカードを回収するには、当然ながら身分証明をする必要がありますが、その際に必要な書類は大学によってまちまちです。

 

私は、同時期にイギリス留学をしている友人が数名いて、それぞれ大学は異なりますが、知る限りはどこも必要書類が微妙に異なります。

 

ネットや友人たちの情報を照合して、以下でBRPカードに必要な書類等を列挙しておきます。

 

パスポート(入国時に自動化ゲートを利用した者は航空券も)

ビザ受領時に自宅に届いた「UKVI Decision Letter」

大学の卒業証明書

大学の成績証明書

学生番号

 

さまざまな情報を見聞きする限り、上記の書類や情報がすべて揃っていれば、間違いなくカードをもらうことができます。

とりあえずパスポートはどこもマストですが、それ以外は大学によって異なるので、各自で大学のホームページを確認してください。

 

また補足ですが、入国する際に自動化ゲートを利用した人は、必ず航空券を保管しておいて、受付のときにパスポートと一緒に提示してください。

事例:私の大学の場合

私が通うUCLでは、カード回収場所は大学にすることを初めから推奨しています。

 

そして、回収の際の必要な持ち物は①パスポート、②UKVI decision letter、③学生番号(合格時にすでに貰っていた)の3点でした。

また、回収するタイミングはHPを通じて日時を予約しなければなりませんでした。

 

この予約がなかなか取れず、入国後7日目に予約を確保できました。

 

しかも、私はUKVI decision letterを日本に忘れてきてしまい、ネットで調べる限り、レターがない人はその趣旨を申請して、さらに対応には何日もかかる…みたいな情報も散見され、少しヒヤヒヤしてしまいました。

 

が、入国した翌日に散歩がてら大学に行ってみて、BRPカードの回収場所を確認しつつ寄ってみましたが、ほとんど人がいない…。

 

門前払いされるのを覚悟で、受付に突撃してみましたが、パスポートと学生番号を伝えただけで、あっさりBRPカードを手に入れることができました…。

 

予約もいらなければ、レターもいらなかった。

これに限らずですが、イギリスの事務手続きは細かい要求が多い割には、大雑把なことも多く、本当に振り回されます。まあ、この件に関してはただただラッキーでしたが。

 

ちなみに、学生証を発行してもらうにはBRPカードと、同じく予約が必要なんですが、この勢いで学生証を発行しているエリアを訪れてみましたが、やはり簡単に発行してもらえました。

 

なんだか拍子抜けしてしまいましたが、UCLではパスポートと学生番号だけでBRPカードを手に入れることができます。

 

おわりに

BRPカードは、半年以上イギリスに滞在する人は必ず取得しなければなりません。上記で述べた必要書類は、すべてイギリスに持っていくようにしてください。

 

また、必要書類は大学によって異なるので、「BRP  (大学名)」でググって、しっかり確認しておきましょう。

↓↓↓下記ランキングサイトに参加しています。クリックすると順位が上がります。
それぞれバナーをクリックしていただけると、たいへん励みになります。


にほんブログ村


イギリス(海外生活・情報)ランキング

 

 

Please follow and like us:
error
ABOUT ME
Kohei
名古屋大学大学院国際開発研究科修了後、愛知県内で英語教諭として勤務。退職後、青年海外協力隊(2017年度2次隊青少年活動)に参加し、ケニアに渡る。2019年9月より英国ユニバーシティカレッジロンドン(UCL)にて、教育開発学を学ぶ。